格安スマホに乗り換える際注意する事


注意する事

ドコモ、エーユー、そしてソフトバンク。日本で携帯電話の会社は主にこの三つの寡占状態でした。
ところが最近増えてきている格安スマホと言われる他社携帯電話サービスが登場して、携帯電話市場は大きく変化します。
その格安スマホに乗り換える人も多いと多いと思いますが、実は幾つか注意点があります。
その注意点はどんな点でしょうか。

データ容量を確認する

 格安スマホの使用料の殆どは大手3社に比べ、おおよそ3分の1程度で宣伝されています。
そうなってくれば誰もが飛びつきたくなりますよね。では安いというのには必ず理由があります。
そもそも格安スマホがなぜ安いか、という所から考えると理由の一つにデータ容量を制限している事です。
大手の殆どでも使い放題のプランでも月々の使用制限は設定されている様に、格安スマホでも制限があります。
大手かなり上限が高いですが、格安スマホでは低い上限に設定した場合で安く使える物も多く、
大手と同じ上限にしたら格安スマホでも殆ど変わらない、という失敗談も聞きます。
最近は大手でも低い上限のプランが登場しているので、その点も見て格安スマホにしてお得がどうか考える必要があります。

使える機種が限定されている

 データ容量も重要な点ですが、同じ様に重要な点として使う端末の種類もあります。
大手の場合、季節ごと等に新機種を発表してどんどん新しい提案をしてくれます。
ところが格安スマホの場合はセットで販売している端末は最新ではなく前の世代の端末である事がほとんどです。
もしくは諸外国の安価な端末も多いです。
それらが決して悪いわけではありません。前の世代でも十分に使える物ですし、諸外国も性能の良い端末を作っています。
注意したい部分で言えばもし使いたい機種があった場合、格安スマホとセットでは購入出来ない場合もあるという点です。

電話回線での通話が出来ない場合がある


通話が出来ない場合

 格安スマホは実はその会社自体が回線を持っている訳ではなく、大手3社のいづれかの回線を借りて提供しています。
その為、格安スマホの会社によって多少使えるサービスが異なります。特にSIMカードだけで契約して端末は別に用意する場合は、
契約した会社がどの会社の回線を使っているかをチェックして端末を選ばないと上手く使えない場合があります。
それに加え、最近は通話料のかからないアプリ等を使った会話が可能なので電話回線を使う事が少なくなってきていて、
格安スマホでは最初から電話回線が使えない物もあります。

双方の距離が近づいている

 いづれにせよ内容をしっかり確認して契約すれば、格安スマホは大手3社より月々の料金は安く、そして問題無く使う事が出来ます。
しかし大手3社もそれに台頭するべく、様々なお得なプランを作り始めていて昔よりお得に使える様になってきました。
逆に格安スマホの会社の中でもサービスのクオリティを上げて、高めに料金を設定し始めている会社も登場してきています。
双方の良い点悪い点、しっかり踏まえてどの会社にするかは良く選びたいですね。

シムカードて何?初心者でも分かるシムカードと格安スマホの話


シムカードて何

あなたは今のスマホ事情についていけてますか。
これまでずっと折り畳み式の携帯電話、ガラケーと言われている端末をお使いの人にとってはスマホ事情には疎いという人も多いのではないでしょうか。
テレビ等で宣伝されている格安スマホの登場で乗換を検討されている人も多いと聞きますので、
今回はスマホ初心者向けの格安スマホについての話をしようと思います。

電話の中の小さな板の話

 携帯電話は小さい箱のような形をしていて、ガラケーではボタンを使って操作をして、スマホでは画面のマークをタッチして使います。
でも実は携帯電話の中にはその中心とも言える部分がそれぞれの中に入っています。
それは1センチほどの小さい板の形をしていて、シムカードと呼ばれています。
なぜそのシムカードが中心なのかと言いますと、そのカードの中に電話をする為の情報が詰まっているからです。
いわば本体が体でシムカードが魂のような役割です。なのでそのシムカードも本体と同じ様に重要なのです。

格安スマホを使う2種類の方法

 上記でお話したシムカードのお話ですが、シムカードと本体を別に考える事で携帯電話は2種類の購入の仕方が出来ます。
一つは本体とシムカードを同時に購入する事。従来の大手3社、ドコモ、エーユー、ソフトバンクの契約と同じ様に本体とシムカードを一緒に購入して、
すぐに使える様にしまう形です。一般的に携帯電話を買うとしたらこの形ではないでしょうか。
もう一つはシムカードと本体を別々に買う事です。本体は今の物をそのまま使いたいけど会社だけを変えたい場合等はシムカードだけを購入して、
交換してしまえば、愛用してきた機種で新しい会社のプランで使う事が出来ます。その逆も同じです。

格安スマホが安い理由


安い理由

 上記で話してきたシムカードが格安スマホの安い理由の一つでもあります。
本体を安い物を使いシムカードをそのまま使う事で全体の料金を下げるという手法をとっています。
あとはシムカードの設定を初めから制限して、使える内容を少なくする事で値段を下げる事も行われています。

会社によっても大きく値段が違う

 格安スマホと一口に言っても会社によって値段やその内容は随分違います。
なのでしっかり比べて選んでいきたいですね。
今回お話をした事は簡単なさわりになりますので、もしもっと詳しく知りたい方は下記のホームページをご覧ください。
各会社の値段を比較等もあって分かりやすく解説してくれてますよ。